Publication

Back to overview

Plant flowering and sexual reproduction during climate change: quantitative prediction by eco-systems biology

Type of publication Not peer-reviewed
Publikationsform Review article (non peer-reviewed)
Publication date 2011
Author Shimizu-Inatsugi Rie, Shimizu Kentaro K,
Project Adaptation and speciation: evolutionary genomic analysis using arabidopsis relatives
Show all

Review article (non peer-reviewed)

Journal Cell Technology
Volume (Issue) 30
Page(s) 167 - 173
Title of proceedings Cell Technology

Abstract

近年,実験室の制御環境と野外の変動環境とで遺伝子機能が大きく異なるケスが指摘され始めている.本章では,過去・現在・将来の気候変動に対する生 物の応答として,表現型可塑性と進化的応答を論じる.まず,開花遺伝子FLCの発現量を野外環境の植物で2年間毎週測定したデタを用い,システムバイオロジ的解析によって可塑的応答を予測する研究を紹介する.続いて,シロイヌナズナが自家不和合性の雄遺伝子SCR/SP11の変異によって自家和合性に進化し たのは,氷河期・間氷期サイクルの分布拡大への進化的応答であった可能性を論じる.さらに,こうした研究に欠かせない分子生物学と生態・進化学の共同研究による定量的予測モデルについて議論する.
-